So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-10-29 [写真とJAZZ]

 さて、今回は10月中旬、天気も良かったので、紅葉がきれいということで、久しぶりに福島県二本松にある安達太良山に行って来ました。

今回は、夜から国分町のライブハウスで「Lady Bug」のライブがあり、早めに戻らなくてはいけなかったため、往復ともゴンドラのあだたらエクスプレスを使っての登山でした。

9時ごろには奥岳の駐車場に到着しましたが、栗駒山と同様、すごい車で、メインの駐車場から、下のまた下の臨時駐車場に駐車せざるを得ませんでした。

奥岳駐車場から篭山や鉄山がきれいに見えました。
1奥岳駐車場.jpg


あだたらエクスプレスを使って上に見える薬師岳まで進みます。
2あだたらエクスプレス.jpg


山頂駅から、山頂がきれいに見えています。紅葉は終盤でしょうか?
3山頂を望む.jpg


紅葉の中を進みます。人また人です。
4紅葉.jpg


登山道の周りも色づいています。
5登山道.jpg


篭山や福島盆地です。
6篭山・福島盆地.jpg


薬師岳や二本松方面です。
7薬師岳・二本松方面.jpg


13薬師岳方面.jpg


そうこうしてるうちに、山頂が見えて来ました。
8山頂を望む.jpg


山頂直下
9山頂直下.jpg


山頂です。
10山頂.jpg


磐梯山です。
11磐梯山.jpg


西吾妻方面です。
12西吾妻方面.jpg


以上安達太良山登山の様子でした。
最高の天気で、すばらしい景色を堪能しましたが、人の多さには参りました・・・。

今回の演奏は、9月11日のジャズフェスでの「Road Map」の演奏です。
曲は「冬の稲妻」 アリスで有名ですね!!





nice!(20)  コメント(2) 

2016-10-16 [写真とJAZZ]

さて、今回は10/10体育の日、宮城県と岩手県、秋田県にまたがる、栗駒山に行った様子をお伝えしましょう。

栗駒山は、手軽に登ることができ、また変化に富んでいて、人気の山です。私も毎年1回は登っており、このブログでも何度もアップしております。

今回は、紅葉が真っ盛りということで、昨年は岩手側の須川温泉から登りましたので、今回は宮城側から登ることにしました。

8時半には、いわかがみ平に到着する予定でしたが、駐車場はすでに満杯、いわかがみ平の手前にある、2,3百台は止められるでろう臨時駐車場に駐車、そこもあとわずかで満車状態でした。
すごい人気なんですね!!

そこから、中型バス数台でピストン運行で登山客や観光客を運んでおりました。

いわかがみ平駐車場、すでに満杯でした。
1駐車場.jpg


予定より遅れて登山開始、天気は今ひとつといった感じでした。
2登山道.jpg


紅葉はまあまあでしょうか。
3登山道.jpg


山頂に近づくにつれて、霧、風、そして視界も悪くなってきました。
4山頂近く.jpg


山頂は、気温も低く、すぐ退散です。
5山頂.jpg


6山頂.jpg


いわかがみ平に下っている途中、晴れ間が出てきて、視界が良くなってきました。

山頂方面を見ると
7紅葉.jpg


下の方は
8紅葉.jpg


いわかがみ平から山頂方面を見ると
9紅葉.jpg


と、まあまあの紅葉を楽しめました。


時間があったので、一関にある「厳美渓」に寄ってきました。

この厳美渓は、昭和2年に、国の天然記念物に指定されており、石英安山岩質の岩石が、長い年月を経て滝や川の流れに浸食されて後退し、数多くの甌穴と峡谷ができあがったそうです。
また、滝や瀬、ふちなどの極めて変化の多い美しい景観となっています。

案内看板
10厳美渓案内板.jpg


厳美渓
11厳美渓.jpg


12厳美渓.jpg


13厳美渓.jpg


以上、栗駒山、厳美渓の様子でした。

今回の演奏も、9月9日の定禅寺ジャスフェスで我々のバンド「Lady Bug」が演奏した曲で、「Satin doll」、有名なスタンダードですね。

屋外での演奏のため、風の音等、若干聴きづらい箇所がありますがご容赦を。









nice!(19)  コメント(5) 

2016-10-02 [写真とJAZZ]

 さて、今回は10月初め、川崎町にある「みちのく杜の湖畔公園」に行った様子をお伝えしましょう。

この公園は国営の公園で、いろいろな催しや、花々、あるいは子供のレクリェーション等で、楽しめる大規模な公園です。

この時期になると、コスモスなどが咲いていますので、毎年出かけています。

公園内全体図
1全体図.jpg


花畑
2花畑.jpg


3花畑.jpg


4花畑.jpg


5花畑.jpg


やすらきの池
6やすらぎの池.jpg


7やすらぎの池.jpg


彩の広場
8彩の広場.jpg


9彩の広場.jpg


10彩の広場.jpg


だんだん畑
11だんだん畑.jpg

コキアの紅葉はもう少し先のようです。

ふるさと村
12ふるさと村.jpg


13ふるさと村.jpg


みちのく公園からの帰り、秋保温泉の「磊々峡」と言う峡谷に寄ってきました。
磊々峡は、奥羽山系の二口渓谷より発した名取川が、この秋保近辺で急に川幅をせばめ、急流となり、両岸の秋保石と呼ばれる石の壁を削り、現在に至っているとのことです。

14磊々峡.jpg


15磊々峡.jpg

峡谷の端に、遊歩道が整備されており、だれでも楽しめます。

16磊々峡.jpg


17磊々峡.jpg


18磊々峡.jpg


以上、みちのく公園、磊々峡の様子でした。

さて、今回の演奏は今年のジャズフェスでの「Lady bug」の演奏です。
曲は「Fly Me To The Moon」 今回は4ビートでの演奏です。
















nice!(20)  コメント(6) 

2016-09-25 [写真とJAZZ]

 ジャズフェスも終わり、ようやく落ち着いたところで、9月中旬、久しぶりに出かけてみました。
行った先は、「やくらいガーデン」 ちょうど秋の花ばなが咲いているようです。

やくらいガーデンは、宮城県北西部、加美町にあり、総面積15万平方メートル、栽培植物400種類からなる、広大な庭園です。

園内図
1 園内図.jpg


バラ園にもまだ少し残っていました。
2 バラ.jpg


3 バラ.jpg


ルドベキアでしょうか?
4 ルドベキア.jpg


コキアも色づき始めました。
15 コキア.jpg


そばの花
16 そばの花.jpg


17 そばの花.jpg


キバナコスモス
5 キバナコスモス.jpg


6 キバナコスモス.jpg


7 キバナコスモス.jpg


ふるるの丘です。
8 ふるるの丘.jpg


9  ふるるの丘 .jpg


10 ふるるの丘 .jpg


11 ふるるの丘.jpg


12 ふるるの丘.jpg


13 ふるるの丘.jpg


14 ふるるの丘.jpg


以上、やくらいガーデンの様子でした。

さて、今回の演奏は、前回に続き、「Lady bug」のジャズフェスでの演奏です。
曲は「Watre Melon Man」 ハンコックなどでも有名な8ビートの曲です。





nice!(15)  コメント(6) 

2016-09-18 [写真とJAZZ]

久しぶりの更新です。

今回は9月10日、11日に行われた、仙台の最大イベント、「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」の様子をお伝えしましょう。

このフェスティバルは、1991年から行われており、今回で26回目の開催となります。
仙台市内、約90のステージに、全国からプロ、アマを問わず約750のバンド、5000人のミュージシャンが、ジャンルを問わず、熱ーい熱ーい演奏します。
観客は70万人を超えており、この2日間は仙台市内、音楽で満ち溢れます。

今年のポスターです。
今年のテーマは「音楽食堂」 様々なジャンルの音楽、美味しい食、たくさんのパフォーマンス、人とのつながりなど、たくさんの楽しみが気軽に楽しめるお祭りを「音楽食堂」と表現したとの事です。
1 ポスター.jpg


また、この開催は各地のミュージシャンと音楽を聞くのが大好きな市民に支えられ、そして運営している方々もすべて市民ボランティアで成り立っているそうです。
すばらしい事ですよね!!

今回の会場案内図です。
3 会場案内図.jpg


ちなみに私は9日は「Lady bug」と言うスタンダードジャズを演奏するバンドで、そして10日は「Road map」と言うフォークロックや歌謡曲を演奏するバンドにドラムで参加しております。2つのバンド共、たまたまNO2の会場での演奏となりました。

定禅寺通りは歩行者天国になり、多くの人がビールを片手に、お目当ての会場を目指します。
5 定禅寺通り.jpg


6 定禅寺通り.jpg


各会場の様子です。
7 各会場.jpg


屋内でもやっております。
8 各会場.jpg


ビッグバンドも迫力ある演奏を奏でました。
9 各会場.jpg


売店も充実しております。午前中早い時期でしたが、すでにたくさんの人が集まっていました。
10 売店.jpg


さて、9日「Lady bug」の様子です。Lady bugとは七星てんとう虫の事で、最初は7人で始めたので、その名を付けましたが、現在は8人で活動をしております。

会場のポスターです。
4 ポスター.jpg


天気は最高、演奏にも力が入りました。
11 Lady bug.jpg


12 Lady bug.jpg


11日は「Road map」と言うバンドでの演奏です。
少し雨が落ちてきましたが、演奏開始には雨も止んで、多くのお客様に囲まれ、熱い演奏ができました。
14 Road map.jpg


16 Road map.jpg


以上、ジャズフェスの様子でした。

今回の演奏は、そのジャズフェスでの「Lady bug」の演奏をアップしました。
曲は「Summer time」 有名な曲ですが、今回はボサノバ風での演奏です。
屋外での演奏のため、録音機に風の音なども入っていますが、それがライブの良さと言うことで、ご了承下さい。
今後順次、今回の演奏をアップして行きたいと思っています。







nice!(17)  コメント(4) 

2016-09-03 [写真とJAZZ]

 さて、今回は前回の続き、秋田の男鹿半島から内陸の北秋田方面、森吉登山の様子をお伝えしましょう。

今回は阿仁スキー場近くのホテルに宿泊し、森吉山登山で最もポピュラーなコース、阿仁スキー場から登りました。

コース案内です。
1コース案内図.jpg


2マップ.jpg


ゴンドラ駅です。山頂駅まで17分かかります。
3ゴンドラ.jpg


登山開始です。
4登山開始.jpg


木道が続きます。
5木道.jpg


コバギボウシ
6コバギボウシ.jpg


エゾオヤマリンドウ
7エゾオヤマリンドウ.jpg

花が開いているのは珍しいですね。

遠くに山頂が見えました。
8山頂を望む.jpg


眺めのいい尾根歩きです。
この付近にも、いろいろな花が咲いていました。

ハクサンシャジン
10ハクサンシャジン.jpg


ハクサンフウロ
11ハクサンフウロ.jpg


更に進みます。
12登山道.jpg


ミヤマアキノキリンソウ
13ミヤマアキノキリンソウ.jpg


イワオトギリ
14イワオトギリ.jpg


アオヤギソウ
15アオヤギソウ.jpg


イワイチョウ
16イワイチョウ.jpg


ハナニガナ
17ハナニガナ.jpg


ヨツバヒヨドリ
18ヨツバヒヨドリ.jpg


そうこうしているうちに、山頂が見えて来ました。
19山頂まじか.jpg


山頂です。360度見渡せますが、今回は残念ながら雲がかかっていて、眺望はあまりありませんでした。
20山頂.jpg


8月中旬での山登りですが、この時期でも多くの高山植物があり、最盛期はこれ以上たくさんの植物が咲き乱れるとのことですので、また訪れてみたいですね。

さて、今回の演奏は、トリオです。
ピアノK,K氏、ベースO,H氏、そしてドラムは私めです。
曲は「On Green Dolphin Street」 有名な曲ですね!







nice!(18)  コメント(3) 

2016-08-27 [写真とJAZZ]

 さて、今回はお盆休暇中に秋田方面に行った様子をお伝えしましょう。

その前に、今年も9月10日,11日に恒例の定禅寺ストリートジャズフェスティバルが仙台市内の各地で開催されます。約700組のバンドが市内数十ヶ所で、演奏します。

今年のテーマは「音楽食堂」だそうです。
1 定禅寺ジャズ.jpg


私も昨年同様、2つのバンドで参加いたします。参加条件は、演奏している動画を実行委員会にDVD等で送り、厳正な選考を経て、決定します。

9/10は「Lady bug」と言う、女性ボーカル2人、ピアノ、テナー、アルト、ギター、ベース、ドラムの総勢8名のバンドです。スタンダードジャズを中心に演奏します。11:55から勾当台円形公園で演奏開始です。
2 Lady bug 演奏予定.jpg


9/11は、「Road map」と言うバンドで、ギター(エレキ、アコ)、キーボード、ベース、ドラムの総勢6名のバンドで、ノンジャンルですが、主にフォークロックや歌謡曲を中心に演奏します。
13:35から同じく勾当台円形公園で演奏開始です。
3  Road map 演奏予定.jpg


以上のように、現在演奏曲選定や構成等、そして土日はライブや練習で、なかなか山への外出や、皆様への訪問の時間が取れないでおります。

お近くの方で、時間のある方は、ぜひビールを片手に持って、聴きに来て下さい。

では、秋田に行った様子をお伝えしましょう。
北秋田には、森吉山と言う、花で有名な山がありまして、その山に登るために1泊2日で出かけました。
途中観光もしたいということで、男鹿半島経由としました。男鹿半島までは300km、約5時間かかります。

今回の地図です。
4秋田県地図.jpg


男鹿半島の西端にある大桟橋です。
5大桟橋.jpg


6大桟橋.jpg


7大桟橋.jpg


水族館GAOです。
8水族館GAO.jpg


9水族館GAO.jpg


10水族館GAO.jpg


更に進んで、男鹿半島突端の入道﨑です。
11入道﨑.jpg


この入道﨑は、景勝地として名高く、緑の大地、青い海、空の絶妙なコントラストはすばらしいものがあるそうです。
さらに、入道﨑の象徴でもある入道﨑灯台は、白黒の縞模様が印象的で、「日本の灯台50選」に選ばれているそうです。

12入道﨑.jpg


13入道﨑.jpg


北緯40度ラインのモニュメントが建っています。
14入道﨑.jpg


15入道﨑.jpg


16入道﨑.jpg


入道﨑灯台
17入道﨑灯台.jpg


この付近にも、植物が咲いていました。

ツリガネニンジン
18ツリガネニンジン.jpg


フウロソウ
19フウロソウ.jpg


カワラナデシコ
20カワラナデシコ.jpg


そう言えば、この辺は「なまはげ」の地でした。
なまはげ21.jpg


入道﨑を後にして、阿仁、森吉方面へ向かいます。この辺はまたぎの里としても知られていて、本当に山深い所です。

森吉山の様子は次回お伝えしましょう。

さて、今回の演奏は、ボーカルです。
ボーカルJ,A嬢、ピアノM,N嬢、ベースT,H氏、そしてドラムは私めです。
曲は「Cry Me A River」 有名な曲ですが、今回は軽快なボサノバでの演奏です。







nice!(17)  コメント(4) 

2016-08-16 [写真とJAZZ]

 さて、今回は信州旅行最終回、上高地から長野までの様子をお伝えしましょう。

上高地までは、乗鞍高原からは車で30分ほどにある沢渡(さわんど)に車を止めて、シャトルバスで上高地に向かいます。乗鞍岳と同様に、一般車は入れません。

沢渡バスターミナルです。
2沢渡バスターミナル.jpg


約30分ほどで、上高地に着きます。

上高地の散策地図です。
1上高地.jpg


大正池が見えました。(車窓から)
3大正池(車窓から).jpg


上高地バスターミナルです。
4上高地バスターミナル.jpg


今回は次の予定もあり、あまり時間が無いので、岳沢湿原を散策して長野に向かう事にしました。

散策開始です。
5散策開始.jpg


河童橋が見えました。
6河童橋.jpg


梓川と穂高連峰です。
残念ながら、尾根部分に雲がかかっていました。
7梓川と穂高連峰.jpg


雲がないと、このように見えるそうです。
8穂高連峰説明看板.jpg


岳沢湿原です。
9岳沢湿原.jpg


梓川の支流があちこちに流れております。
10岳沢湿原.jpg


11岳沢湿原.jpg


この付近にもいくつかの花が咲いていました。

トモエソウ
12トモエソウ.jpg


キツリフネ
13キツリフネ.jpg


シロヨメナ
14シロヨメナ.jpg


オオダイコンソウでしょうか?
15オオダイコンソウ?.jpg


上高地を後にして、長野までの途中にある、穂高神社に寄ってきました。

穂高神社は、安曇野市にある神社で、上高地にも嶺宮がある事から、「日本アルプスの総鎮守」の通称があるそうです。

参道です。
16穂高神社.jpg


神楽殿が見えて来ました。
17穂高神社.jpg


神楽殿と拝殿です。
18穂高神社.jpg


次は、最終の訪問地、善光寺です。
善光寺はご存知のように、国宝である本堂をはじめ、多くの重要文化財があります。
日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来像を本尊とし、善光寺聖の歓進や出開帳などによって、江戸時代末には、「一生に一度は善光寺参り」と言われるようになったそうです。

本堂は1707年の再建で、高さ27m、間口24m、奥行き53mで国宝に指定されている木造建築物の中で3番目に大きいそうです。

本堂では、床下の真っ暗な通路を通り、本堂の阿弥陀如来が安置されている「瑠璃壇」という小部屋の真下にあるとされる「極楽浄土への錠前」に触れる「戒壇巡り」があります。
当然我々も巡って来ましたが、真っ暗な通路の右壁沿いにゆっくり進みますと、ちょうど腰の高さあたりにその錠前があり、触れることができました。


仁王門です。
20善光寺 仁王門.jpg


山門です。
19善光寺 山門.jpg


本堂です。
21善光寺 本堂.jpg


以上、上高地~長野の様子をお伝えしました。


さて、今回の演奏は、ピアノトリオです。
ピアノはK.K氏、ベースはO,H氏 そしてドラムは私めです。
曲は「All The Things You Are」有名なスタンダードですね!





nice!(18)  コメント(4) 

2016-08-06 [写真とJAZZ]

 さて、今回は前回の続き、乗鞍岳登山の後、再び乗鞍高原に戻って来ましたが、多少時間もあったので、高原を散策してみました。

乗鞍高原は、温泉場でもあり、白く濁った硫黄泉がふんだんに湧き出ていて、私が泊まったホテルも源泉掛け流しのとっても良い温泉でした。

また、標高1200mほどの高原で、あちこちに遊歩道が整備されており、その遊歩道沿いにも、いろいろな植物が我々の目を楽しませてくれます。

今回は、登山の後だった事もあり、一の瀬園地と言う周遊コースのあざみ池までの往復40分程度を歩いてみました。

遊歩道の案内看板
2案内看板.jpg


一の瀬園地コース
1一の瀬園地周遊コース.jpg


ネイチャープラザ一の瀬
4ネイチャープラザ一の瀬.jpg


早速遊歩道を散策です。
5遊歩道.jpg


コオニユリ
6コオニユリ.jpg


オミナエシ
7オミナエシ.jpg


クガイソウ
8クガイソウ.jpg


キバナノヤマオダマキ
9キバナノヤマオダマキ.jpg


オカトラノオ
10オカトラノオ.jpg


チダケサシ
11チダケサシ.jpg


あざみ池まで来ました。
この池の周りにも多くの野草が咲いていました。
12あざみ池.jpg


クルマバナでしょうか?
13クルマバナ?.jpg


ヤマホタルブクロ
14ヤマホタルブクロ.jpg


ヤナギラン
15ヤナギラン.jpg


クサボタン
16クサボタン.jpg


オオヤマサギソウでしょうか?
17オオヤマサギソウ?.jpg


キンミズヒキ
18キンミズヒキ.jpg


オニシモツケでしょうか?
19オニシモツケ?.jpg


ネジバナ
20ネジバナ.jpg


以上乗鞍高原の周遊コースの様子でした。
次回は、上高地や安曇野、そして長野市を訪れた様子をお伝えしましょう。

さて、今回の演奏はボーカルです。
ボーカルJ.A嬢、ピアノM.N嬢、ベースT.H氏、そしてドラムは私めです。
曲は「As Time Goes By」映画カサブランカで有名な曲ですね!








nice!(17)  コメント(4) 

2016-07-31 [写真とJAZZ]

 さて、今回は7月後半、北アルプスの一番南方に位置する、乗鞍岳に行った様子をお伝えしましょう。

乗鞍岳のポスター
1乗鞍高原ポスター.jpg


地図
2長野県地図.jpg


登山コース
3乗鞍岳散策図.jpg


乗鞍岳は、飛騨山脈の南端に位置し、剣ヶ峰(3.026m)を最高峰に23の峰と7つの湖、8つの平原があり、四季を通じて美しい景観を楽しむことができます。

今回は、松本から乗鞍高原に入り、乗鞍観光センターからのスタートとしました。

観光センター付近からは、車の乗り入れが禁止されており、普通はここにマイカーを止めて、シャトルバスで、畳平に向かいます。畳平はすでに2.702mあり、約1時間かけて山岳道路を登っていきます。

観光センター
5観光センター.jpg


観光センターから見た、乗鞍岳です。3.000mの高峰、さすが高いですね。
4乗鞍高原から乗鞍岳を望む.jpg


つづら折りのスカイラインを1時間、畳平に到着です。
日曜日とあって、登山客はもちろん、多くの観光客で賑わっておりました。

6畳平.jpg


7畳平から朝日岳方面を望む.jpg


早速登山開始です。
途中に東大の観測所や山小屋があるため、そこまでは、車でも通れる幅の道路となっております。
9登山道.jpg


鶴ヶ池
この辺から、高山植物が咲き始めていました。
8鶴ヶ池.jpg


コマクサ
10コマクサ.jpg


11コマクサ.jpg


12コマクサ.jpg


イワギキョウ
13イワギキョウ.jpg


14イワギキョウ.jpg


ミヤマダイコンソウ
15ミヤマダイコンソウ.jpg


16ミヤマダイコンソウ.jpg


イワツメグサ
17イワツメグサ.jpg


アキノキリンソウ
もう、咲いていました。
18アキノキリンソウ.jpg


登山道をさらに進みます。
19大黒岳方面を望む.jpg


ウサギギク
20ウサギギク.jpg


ヨツバシオガマ
23ヨツバシオガマ.jpg


白のヨツバシオガマ
22白のヨツバシオガマ.jpg


オンタデ
23オンタデ.jpg


ヤマクワガタ
24ヤマクワガタ.jpg


チングルマ
25チングルマ.jpg


肩の小屋まで来ました。
ここからは本格的な登山となります。
26肩の小屋付近.jpg


ガラ場の登りが延々と続きます。
27登山道.jpg


振り返ると、肩の小屋や東大宇宙線観測所、自然科学研究機構乗鞍観測所が眼下に見られます。
28肩の小屋、東大宇宙線観測所.jpg


途中の権現池 ハートの形をしています。
29権現池(ハート型).jpg


山頂はもう少しです。
30登山道.jpg


山頂の乗鞍本宮の鳥居が見えてきました。
31山頂付近.jpg


剣ヶ峰山頂 3.026mです。
32山頂 剣ヶ峰 3026m.jpg


帰りは、同じ道を戻りますが、途中から左に折れて、畳平の近くにあるお花畑に寄ってきました。
遊歩道も整備されており、多くの観光客も手軽に訪れることができます。
33遊歩道.jpg


コバイケイソウ ミヤマキンポウゲ ハクサンイチゲ
39コバイケイソウ 他.jpg


ミツバオウレン
34ミツバオウレン.jpg


ミヤマキンポウゲ
35ミヤマキンポウゲ.jpg


ウメバチソウ
36ウメバチソウ.jpg


モモジカラマツ
37モミジカラマツ.jpg


ハクサンイチゲ
38ハクサンイチゲ.jpg


以上、乗鞍岳登山の様子でした。
次回は、乗鞍高原の遊歩道そして、ちょっと足を延ばして、上高地を訪れた様子をお伝えします。


今回の演奏は、トリオです。ピアノK,K氏、ベースO,H氏、そしてドラムは私めです。
曲は「As Long As I Live」 軽快な4ビートです。







nice!(20)  コメント(6) 
メッセージを送る