So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017-09-17 [写真とJAZZ]

 さて、先週は9,10日と、仙台市の大イベント、定禅寺ストリートジャズフェスティバルでの演奏があったため、ブログを更新できませんでした。

今回は、その二日間で私が、ドラムとして参加している二つのグループの演奏の様子をお伝えしましょう。

今回も2日間で、約700グループ、ミュージシャン数7000人、会場は48ステージと、毎年拡大しているフェスティバルです。また今年は、動員数約75万人と昨年を上回ったそうです。

フェスティバルの案内板です。
1 ジャズフェスポスター.jpg


メインの会場となっている、定禅寺通りは、歩行者天国となり、たくさんの人で賑わいます。
2 定禅寺通り.jpg



まずは、9月9日、宮城県庁正面玄関前で演奏した、「Lady Bug」の様子です。
「Lady Bug」とは、七星てんとう虫の事で、メンバーも7人と言うことで、この名を付けました。
主に、スタンダードジャズを演奏しております。

ポスター
3-1 Lady Bug ポスター.jpg


演奏風景
4 -1Lady Bug.jpg


5-1 Lady Bug.jpg


6-1 Lady Bug.jpg


7-1 Lady Bug.jpg


次は、9月10日、「Road Map」、仙台駅前アリオ北側にある広場での演奏の様子です。主にフォークロック、歌謡曲を演奏しております。

8-1 Road Map.jpg


9-1 Road Map.jpg


10-1 Road Map.jpg


11-1 Road Map.jpg


なお、今回の写真は、多少加工しております。

以上、第27回定禅寺ストリートジャズフェスティバルの様子でした。


さて、今回の演奏は、そのジャズフェスでの「Lady Bug」のインストの演奏です。
曲は「Some Other Blues」テンポの良い4ビートのブルースです。

なお、屋外での録音のため、演奏者との距離が離れていることや、風音など、聴きずらい所が多々ありますので、ご了承下さい。







nice!(21)  コメント(4) 

2017-09-03 [写真とJAZZ]

 9月9、10日に行われる、定禅寺ストリートジャズフェスティバルのプログラムが出来上がったとの事なので、早速仕入れてきました。

1 ジャズフェスポスター.jpg


参加バンドは約700組、4000人のミュージシャンが、市内48ヶ所で熱い演奏を奏でます。また、2日間で約70万の人出があるそうです。

9/9は宮城県庁前で13:50から「Lady Bug」(スタンダードジャズ)のドラムとして演奏します。
2 プログラム.jpg


9/10はアエル北側広場で16:30から「Road Map」(フォークロック、歌謡曲)のドラムとして演奏します。
3 プログラム.jpg


都合のつく方は、ぜひお立ち寄り下さい。


 さて、今回はお盆休みに三陸方面に行った様子を、何回かに分けてお伝えしましょう。

4 ドライブマップ.jpg


気仙沼から大船渡で1泊、釜石から宮古で1泊、翌日は盛岡から花巻経由で帰って来ました。


まず第1日目は、気仙沼から大船渡までの様子です。

巨釜 半造です。
5 巨釜・半造.jpg


気仙沼の唐桑半島中ごろにある三陸復興国立公園の名勝です。巨釜の折石は、高さ16mあるそうです。
震災以前は、レストランやお土産屋さんなどがあり、観光客もたくさん来ていたようですが、震災後は、その影響で訪れる人が少なくなったからでしょうか、公衆トイレしかありませんでした。三陸復興国立公園と言っても、本当の意味での復興はまだまだなんでしょうね。

巨釜という地名は、波が荒い日に半造側から見ると、大きな釜が煮えたぎっているように見え、半造の地名は、昔、あわびがたくさん取れて繁昌したため、その呼び名が訛って、ハンゾウと呼ばれるようになったとの事です。

巨釜
6 巨釜.jpg


折石
7 折石.jpg


付近にはいくつか野草が咲いていました。

センニンソウ
8 センニンソウ.jpg


スカシユリ
9 スカシユリ.jpg


半造
10 半造.jpg


ハチジョウナでしょうか?
11 ハチジョウナ.jpg


ツリガネニンジン
12 ツリガネニンジン.jpg


クルマバナ
13 クルマバナ.jpg



次に行ったのは、陸前高田の「奇跡の一本松」です。

太平洋に面する高田松原は、350年に渡って植林されてきた約7万本の松の木が茂り、陸中海岸国立公園(現在の三陸復興国立公園)や日本百景にも指定された景勝地でした。しかし、6年前の津波で、ほとんどの松がなぎ倒され、壊滅状態だったそうです。しかし、松原の西端近くに立っていた一本の松が津波に耐えて、立ったままの状態で残ったことから、東日本の太平洋沿岸地域に甚大な被害をもたらした中にあって、この木は震災からの復興への希望を象徴するものとしてとらえられるようになり、「奇跡の一本松」と呼ばれるようになったそうです。

しかし、その後この松を保護する活動が続けられたものの、根が腐り、震災の翌年の2012年5月に枯死と判断されたそうです。その後、震災からの復興を象徴するモニュメントとして残す事になり、幹を防腐処理し、心棒をを入れて補強したり、枝葉を複製したものを付け替えたりするなどの保存作業を経て、元の場所に再び立てられたそうです。

感慨深い話ですね!!

15 奇跡の一本松.jpg



その後向かった場所は、大船渡市の碁石海岸です。

この海岸は、国の「名勝及び天然記念物」や国立公園に指定されており、三陸ジオパークのジオサイトや、みちのく潮風トレイルのコースの一部にもなっているそうです。

また、碁石八景と呼ばれる景勝地」もあり、園内には、遊歩道が整備されていて、レストランやキャンプ場、インフォメーションセンター、博物館などもあり、結構人気のスポットです。
16 碁石海岸案内図.jpg


碁石海岸の名前の由来になった碁石浜、黒い丸い玉砂利でできています。
16.5 碁石海岸.jpg


園内の遊歩道です。
17 遊歩道.jpg


リアス式海岸です。
18 碁石海岸.jpg


19 碁石海岸.jpg


園内にある碁石崎灯台
20 碁石崎灯台.jpg


付近にオオナンバンギセルでしょうか?結構咲いていました。珍しいですね~!!
21 オオナンバンギセル.jpg


ツルフジバカマ
22 ツルフジバカマ.jpg


オミナエシ
23 オミナエシ.jpg



さて、本日の最終地、碁石八景の一つ、穴通磯です。

海水の浸食によって長い時間をかけ岩に3つの穴が開いた自然の造形美ですね。大船渡のシンボルであり、碁石海岸を代表する絶景スポットだそうです。

24 穴通磯.jpg


25 穴通磯.jpg



さて、今回の演奏は、「Lady Bug」の演奏です。
曲は「Candy」軽快な4ビートの曲です。







nice!(24)  コメント(5) 

2017-08-26 [写真とJAZZ]

 さて、今年も仙台の大イベント、定禅寺ストリートジャズフェスティバルの時期がやって来ました。今年で27回目だそうですが、今年のテーマは「OUR SPACE」、お花見のように好きな場所を見つけて、誰もが自由に振る舞う、あるいはプレーヤーとして、またはボランティアとして、楽しみ方は十人十色。そんな居心地の良さの総和が「OUR SPACE」だそうです。

1 ジャズフェス.jpg


今年も、私がドラムとして所属しているバンド、1つ目は「Lady Bug」主にスタンダードジャズを演奏します。9月9日13:50~県庁庁舎前です。2つ目は「Road Map」主にフォークロックや歌謡曲を演奏します。9月10日16:20~アエル北側広場です。以上、都合が付けば、ぜひどうぞ!


 さて、今回は8月6日、ある花を見たくて、山形県の鳥海高原家族旅行村に行った様子をお伝えしましょう。

この施設はケビンやグランドその他いろいろな自然があって、県内外から多くの人が訪れているそうです。

2 鳥海高原家族旅行村パンフ.jpg


今回はこの施設の北側にある心字池の周りにある花が咲くという話を聞いて、行ってみました。

また、ここは鳥海山登山の湯ノ台口コースの登山口にもなっていて、登山の基地としても利用されているようです。

8 登山看板.jpg


施設内の案内看板です。
3 施設案内図.jpg


広い駐車場、管理棟、レストランも完備されております。
4 駐車場.jpg


5 管理棟 レストラン.jpg


さっそく野草に出会いました。

ネジバナ
6 ネジバナ.jpg


タカネナデシコ
7 タカネナデシコ.jpg


しばらく歩くと心字池に着きます。
9 心字池.jpg


木道が整備されております。
10 散策路.jpg


コウホネ
11 コウホネ.jpg


ミズギク
12 ミズギク.jpg


オカトラノオ
13 オカトラノオ.jpg


さらに進みます。
14 散策路.jpg


なかなかお目当ての花が見つかりません。もしかしたら時期が遅かったかも知れません。

キンミズヒキ
15 キンミズヒキ.jpg


白のコバギボウシ
16 コバギボウシ 白.jpg


コバギボウシ
17 コバギボウシ.jpg


ヨツバヒヨドリ
18 ヨツバヒヨドリ.jpg


ヤマアジサイ
19 ヤマアジサイ.jpg


トモエソウ
20 トモエソウ.jpg


もうあきらめていたころ、心字池の奥の方で、やっと見つけました。終盤ではありましたが、しっかり咲いていました。

カキランです。
21 カキラン.jpg


22 カキラン.jpg


以上、鳥海高原家族旅行村の様子でした。

次にこの近辺に大きな滝があるとの事で、そちらまで行ってみました。

玉簾の滝です。
23 玉簾の滝.jpg


参道を進みます。
24 参道.jpg


御嶽神社です。
25 御嶽神社.jpg


奥に滝が見え始めました。
26 玉簾の滝.jpg


玉簾の滝、高さ62メートルあるそうです。
27 玉簾の滝.jpg


以上、玉簾の滝の様子でした。

さて、今回の演奏は、「Lady Bug」の演奏です。この曲は、ジャズフェスでも演奏しようと思ってます。「On Green Dolphin Street」です。










nice!(21)  コメント(5) 

2017-08-19 [写真とJAZZ]

 さて、今回は、7/29に行った山形の米湿原、続いて8/5に行ったグリーンピア岩沼の様子をお伝えしましょう。

まずは、米湿原ですが、やはり7月末ともなると、草木も大きくなり、湿原は、雑然としていましたが、いくつかの野草に出会えました。

米湿原
1 米湿原.jpg


遊歩道を湿原方面に向かいます。
2 遊歩道.jpg


クサレダマ
3 クサレダマ.jpg


ヨツバヒヨドリ
4 ヨツバヒヨドリ.jpg


ミズギク
5 ミズギク.jpg


コバギボウシ
6 コバギボウシ.jpg


ヤマユリ
7 ヤマユリ.jpg


ヒツジグサ
8 ヒツジグサ.jpg


以上、米湿原の様子でした。

次は、グリーンピア岩沼の散策路の様子です。

広い駐車場
9 グリーンピア岩沼.jpg


散策路を進みます。
10 遊歩道.jpg


レンゲショウマ
11 レンゲショウマ.jpg


フシグロセンノウ
12 フシグロセンノウ.jpg


ヤマジノホトトギス
13 ヤマジノホトトギス.jpg


更に進みます。
14 遊歩道.jpg


キツネノカミソリ
15 キツネノカミソリ.jpg


ホタルブクロ
16 ホタルブクロ.jpg


モミジガサ
17 モミジガサ.jpg


キキョウ
18 キキョウ.jpg


コバギボウシ
19 コバギボウシ.jpg


以上、グリーンピア岩沼の散策路の様子でした。

さて、今回の演奏は、ボーカルです。
ボーカルは、J.A嬢、サックスT.K氏、ピアノM,S嬢、ベースT,H氏、カホーンChapi、ドラムスは私めです。
曲は「Over The Rainbow」 有名な曲ですね!今回はサンバのリズムでの演奏です。






nice!(23)  コメント(5) 

2017-08-13 [写真とJAZZ]

 さて、今回は前回からの続き、花の百名山「根子岳」山頂からの後半です。

根子岳から、四阿山までは、一度谷へ下って、そこから再び四阿山へ向かって、急こう配の登りとなり、しかも、この斜面は高木の林になっていて、風通しも悪く、なかなか厳しいコースでした。

根子岳山頂から、四阿山へ、スリル感のある崖の上を進みます。
1 登山道.jpg


2 登山道.jpg


途中に珍しい高山植物がありました。リンネソウと言います。花の大きさ約5mm程度の小さな花を付けます。私も大雪山で見た以来だと思います。しかも、ここ1か所でしか見られませんでした。
3 リンネソウ.jpg


4 リンネソウ.jpg


見渡しの良い尾根を下ります。
5 登山道.jpg


6 登山道.jpg


正面に四阿山山頂が見えます。
7 登山道.jpg


この辺にもテガタチドリがたくさん咲いていました。
8 テガタチドリ.jpg


林の中の急こう配の登山道をひたすら登ります。
9 登山道.jpg


尾根近くになって、反対側を見ると、さっき下ってきた根子岳からの稜線がきれいに見えました。
10 根子岳を臨む.jpg


登る事約1時間、ようやく四阿山の山頂が見えて来ました。
11 登山道.jpg


もうすぐ山頂です。
12 登山道.jpg
13 四阿山山頂.jpg


あとは、約2時間30分ほどかけて、中四阿、小四阿を経由して、登山口に戻ります。

途中にはロックガーデンもあり、多くの高山植物に出会いましたが、登山口までは結構長いなーという印象でした。

ゴゼンタチバナ
14 ゴゼンタチバナ.jpg


マイズルソウ
15 マイズルソウ.jpg


イブキジャコウソウ
16 イブキジャコウソウ.jpg


ミヤマクワガタでしょうか?
17 ミヤマクワガタ?.jpg


クルマユリ
18 クルマユリ.jpg


根子岳にはベニバナイチヤクソウが咲いていましたが、四阿山では、イチヤクソウが咲いていました。
19 イチヤクソウ.jpg


ウメガサソウでしょうか?
20 ウメガサソウ?.jpg


センジュガンビ
21 センジュガンピ.jpg


オヤマシモツケ
22 オヤマシモツケ.jpg


以上、7月16日に登った、花の百名山「根子岳」と百名山「四阿山」の様子を、2回に渡ってお伝えしました。多くの花に出会えることが出来、天気もまあまあで、大変楽しい山行でした。


さて今回の演奏は、夏らしく「Summer Time」です。今回はボサノバでの演奏です。

ところで、今年も仙台市の一大イベント「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」に2つのバンドで出演します。

9月9日、13:50から、宮城県庁前で、ジャズバンド「Lady Bug」、9月10日は16:20から、仙台駅前アエル北側広場で、フォークロックバンド「Road Map」、の2つのバンドで、ドラム担当で演奏します。興味のある方は、ぜひお越しください。


nice!(21)  コメント(6) 

2017-08-05 [写真とJAZZ]

 さて、今回は7月15日長野県上田市菅平に位置する、「根子岳」と「四阿山」に登った様子をお伝えしましょう。

仙台からは約500km、車で5時間ほどかかりますので、菅平高原をベースに2泊3日で行ってきました。

根子岳は田中澄江さんの花の百名山になっていて、特にウメバチソウがすごいらしいです。

四阿山は「アズマヤサン」と言って、百名山です。

菅平のポスターです。
1 四阿山・根子岳.jpg

左が根子岳、右が四阿山です。

地図です。
今回はポピュラーですが、菅平牧場から根子岳経由四阿山そして、菅平牧場に戻るコースで、約6時間から7時間かかる、健脚向きのコースです。
2 四阿山地図.jpg


駐車場から根子岳を臨みましたが、雲の中でした。
3 駐車場.jpg


案内看板
4 案内看板.jpg


登山開始です。
5 登山開始.jpg


しばらく牧場の脇を登ります。
6 登山道.jpg


さっそく花々の出迎えです。

ホタルブクロ
7 ホタルブクロ.jpg


ヤマオダマキ
8 ヤマオダマキ.jpg


ウツボグサ
9 ウツボグサ.jpg


登山道を進みます。
10 登山道.jpg


ハナショウブ
11 ハナショウブ.jpg


ハクサンフウロ
12 ハクサンフウロ.jpg


ヤナギラン
13 ヤナギラン.jpg


案内看板
ここからは、本格的な登山道となります。
14 案内看板.jpg


登山道
15 登山道.jpg


ベニバナイチヤクソウ
16 ベニバナイチヤクソウ.jpg


ハクサンチドリは終盤でした。
17 ハクサンチドリ.jpg


登山道は徐々に傾斜も厳しくなってきます。
18 登山道.jpg


ネバリノギラン
19 ネバリノギラン.jpg


タカネバラ
20 タカネバラ.jpg


森林限界を超えて、見渡しの良い尾根歩きですが、山頂まで急こう配の直登です。
21 登山道.jpg


テガタチドリ
22 テガタチドリ.jpg


タカネシュロソウ
タケネシュロソウ23.jpg


根子岳山頂が見えて来ました。
24 登山道.jpg


根子岳山頂2207mです。ここまで約2時間20分かかりました。
25 根子岳山頂.jpg


南東方面にこれから登る四阿山が見えます。
26 四阿山.jpg


この先でも、たくさんの高山植物に出会えたでしょうか?

その様子は、次回お伝えしましょう!!

さて、今回の演奏はわれわれのバンド「Lady Bug」の演奏、「Softly As In A Morning Sunrise」和名は「朝日のごとくさわやかに」です。大好きな曲のひとつです。










nice!(21)  コメント(5) 

2017-07-30 [写真とJAZZ]

 さて、今回は7月10日が休日だったため、岩手県と秋田県にまたがる八幡平に行った様子をお伝えしましょう。

天気は上々、仙台から約3時間ほどかかります。

駐車場
1 駐車場.jpg


登山口
2 登山口.jpg


コース案内
3 コース案内.jpg


いつも時計回りで1週します。

登山開始
4 登山道.jpg


ズダヤクシュ
5 ズダヤクシュ.jpg


ミドリユキザサ
6 ミドリユキザサ.jpg


タケシマラン
8 タケシマラン.jpg


葉っぱの裏側に小さな花を数個付けます。

オオバタケシマラン
7 オオバタケシマラン.jpg


数が少なくなったような気がします。
キヌガサソウ
9 キヌガサソウ.jpg

近寄れる場所にないので、望遠での撮影でした。

10 キヌガサソウ.jpg


鏡沼
11 鏡沼.jpg


まだ、雪が残っていました。

オオバキスミレ
12 オオバキスミレ.jpg


カラマツソウ
13 カラマツソウ.jpg


イワカガミ
14 イワカガミ.jpg


八幡平山頂
15 八幡平山頂.jpg


ツマトリソウ
16 ツマトリソウ.jpg


ハクサンチドリ
17 ハクサンチドリ.jpg


イワイチョウ
18 イワイチョウ.jpg


ヒナザクラ
19 ヒナザクラ.jpg


20 ヒナザクラ.jpg


八幡沼
21 八幡沼.jpg


ミヤマキンポウゲ
22 ミヤマキンポウゲ.jpg


23 ミヤマキンポウゲ.jpg


木道
24 木道.jpg


ワタスゲ
25 ワタスゲ.jpg


木道
26 木道.jpg


チングルマ
27 チングルマ.jpg


ヒメシャクナゲ 小さな花です。
28 ヒメシャクナゲ.jpg


木道
29 木道.jpg


コバイケイソウ
30 コバイケイソウ.jpg


シラネアオイ 
31 シラネアオイ.jpg


32 シラネアオイ.jpg


ノビネチドリ
33 ノビネチドリ.jpg


以上、八幡平ハイキングの様子でした。

さて、今回の演奏は、ボーカル曲です。曲は「Days Wine And Roses」和名は「酒とバラの日々」 
有名ですね。

ボーカルはY,T嬢、他いつものメンバーです。









nice!(19)  コメント(5) 

2017-07-22 [写真とJAZZ]

 さて、先週の3連休は、長野方面に行っていたため、ブログを更新できないでいました。

そのため、今回は7月8日に行った、月山登山の様子をお伝えしましょう。

今回のコースは、最もポピュラーな姥沢コースです。
登山コース.jpg


リフトで一気に高度を上げます。
1 リフト.jpg


2 リフト.jpg


スキーヤーもたくさんいました。
登山開始です。
3 登山開始.jpg


早速急こう配の残雪です。
4 登山道.jpg


一気に登るとなだらかな尾根歩きです。
5 登山道.jpg


チングルマ
6 チングルマ.jpg


イワカガミ
7 イワカガミ.jpg


姥ヶ岳山頂です。遠くに月山山頂も見えます。
8 姥ヶ岳山頂.jpg


日本海も臨めます。
9 日本海方面.jpg


ヒナウスユキソウ
10 ヒナウスユキソウ.jpg


ヨツバシオガマ
11 ヨツバシオガマ.jpg


牛首方面に向かいます。
この尾根にはたくさんの高山植物が咲いています。
12 登山道.jpg


ヒナザクラ
13 ヒナザクラ.jpg


コケモモ
14 コケモモ.jpg


ミヤマキンバイ
15 ミヤマキンバイ.jpg


ミヤマキンポウゲ
16 ミヤマキンポウゲ.jpg


ウサギギク
17 ウサギギク.jpg


ハクサンイチゲ
18 ハクサンイチゲ.jpg


ゴゼンタチバナ
19 ゴゼンタチバナ.jpg


ミツバノバイカオウレン
20 ミツバノバイカオウレン.jpg


何と!クロユリが1つだけ咲いていました。
21 クロユリ.jpg


牛首付近です。
22 登山道(牛首付近).jpg


山頂神社が望遠ではっきり見えました。
23 山頂神社.jpg


鳥海山も遠くに見えています。
24 鳥海山.jpg


これから最後の急登です。
25 登山道.jpg


厳しい登りが続きます。
26 登山道.jpg


ミヤマキンバイ
27 ミヤマキンバイ.jpg


山頂神社が見えて来ました。
28 山頂神社.jpg


月山神社本宮です。
29 山頂神社.jpg


キバナノコマノツメ
30 キバナノコメノツメ.jpg


ミヤマシオガマ
31 ミヤマシオガマ.jpg


ホソバイワベンケイ
32 ホソバイワベンケイ.jpg


ノウゴウイチゴ
33 ノウゴウイチゴ.jpg


オオバキスミレ
34 オオバキスミレ.jpg


ノビネチドリ
35 ノビネチドリ.jpg


以上、月山登山の様子でした。

今回は、残雪も多く、例年より1週間ほど季節が遅い感じがしました。
山頂付近のクロユリを楽しみにしていましたが、残念ながらすでに終わっていたのが2,3個あるだけでした。野ネズミの被害にあったと聞いていますが、来年ははたしてどうでしょうか?

さて、今回の演奏は、我々のバンド「Lady Bug」のインストです。
曲は「Night In Tunisia」 有名な曲ですよね!







nice!(27)  コメント(4) 

2017-07-09 [写真とJAZZ]

 さて、今回は7/2 山形側から蔵王に登った様子をお伝えしましょう。

蔵王には、毎年今頃必ず登っており、3時間前後の登山コースには、たくさんの高山植物が咲いており、我々の目を楽しませてくれます。

今回もいつものように、蔵王ロープウェイを使って、855mの山麓駅から1661mの山頂駅まで、一気に進みます。

登山コース
1 コース案内.jpg


山麓駅
2 蔵王ロープウェイ.jpg


山頂駅の地蔵尊
3 蔵王地蔵尊.jpg


今回は残念ながら、強風と霧で視界も悪く、時折小雨も降る状況でした。


山頂駅のそばにひっそり咲いていました。
ミヤマオダマキ
4 ミヤマオダマキ.jpg


登山開始
5 登山開始.jpg


ヒナザクラ
6 ヒナザクラ.jpg


ツマトリソウ
7 ツマトリソウ.jpg


私はここでしか見たことがない、 ムシトリスミレ。
7 ムシトリスミレ.jpg


マイヅルソウ
8 マイヅルソウ.jpg


更に霧の中を進みます。
9 登山道.jpg


ハクサンチドリ
10 ハクサンチドリ.jpg


11 白のハクサンチドリ.jpg


ミネズオウ
12 ミネズオウ.jpg


イワカガミ
13 イワカガミ.jpg


アオノツガザクラ
14 アオノツガザクラ.jpg


オノエランは1つだけ何とか咲いていました。
15 オノエラン.jpg


ヒメイソツツジ
16 ヒメイソツツジ.jpg


コマクサもようやく数個花が開いた状況でした。
17 コマクサ.jpg


18 コマクサ.jpg


今年は、昨年に比べ各植物の生育が全体的に遅い感じがしました。

帰りにたくさん咲いているホタルブクロを見つけたので、撮って来ました。
19 ホタルブクロ.jpg


以上、7/2に行った、蔵王の様子でした。

さて、今回の演奏も、我々のバンド「Lady Bug」の演奏で、ボーカル曲です。

曲は「Almost Like Being In Love」 軽快な4ビートのスタンダードナンバーです。






nice!(25)  コメント(4) 

2017-07-02 [写真とJAZZ]

さて、今回は、先週6/24に登ってきた、山形神室の尾根歩きの様子をお伝えしましょう。

山形神室は宮城県と山形県の県境にあり、ちょうど山形自動車道 笹谷トンネルの真上の尾根にあります。

そのため、通常は旧道の笹谷街道の最高部、笹谷峠から登ります。

笹谷峠の駐車場です。すでにここで標高906mあります。
1 笹谷峠駐車場.jpg


正面の山を登って行きます。

しばらく急登しますと、駐車場が下の方に見えます。正面の山は、蔵王方面です。
2 駐車場が下に見える.jpg


気持ちの良い尾根歩きが続きます。
3 尾根歩き.jpg


この辺から、高山植物が見られるようになります。

ベニバナイチヤクソウ
4 ベニバナイチヤクソウ.jpg


アズマギク
5 アズマギク.jpg


ミヤマキンポウゲ
6 ミヤマキンポウゲ.jpg


急こう配な登山道もあります。
7 登山道.jpg


クマノミズキでしょうか?
8 クマノミズキ?.jpg


ヤマボウシ
9 ヤマボウシ.jpg


シャクナゲが1つだけ咲いていました。
10 シャクナゲ.jpg


アカモノ
11 アカモノ.jpg


サラサドウダン
12 サラサドウダン.jpg


ウラジロヨウラク
13 ウラジロヨウラク.jpg


山形神室1344mが見えて来ました。
14 登山道.jpg


ツマトリソウ
15 ツマトリソウ.jpg


ミヤマキンバイ
16 ミヤマキンバイ.jpg


ハクサンチドリも咲き始めました。
17 ハクサンチドリ.jpg


イワカガミは終盤でした。
18 イワカガミ.jpg


カラマツソウ
19 カラマツソウ.jpg


ヒナウスユキソウ
20 ヒナウスユキソウ.jpg


マイヅルソウ
21 マイヅルソウ.jpg


コケイラン
22 コケイラン.jpg


以上、山形神室の尾根歩きの様子でした。

今回の演奏は、4/15仙台市内のライブハウス Want You での演奏、以前にも別バージョンで、アップしておりますが、私の大好きな曲の一つ「Gentle Rain」 ミディアムスローボサノバでの演奏です。







nice!(22)  コメント(4) 
前の10件 | -
メッセージを送る